繰り返すカンジダ(カンジタ)膣炎の悩み.

 

私にはカンジダ膣炎にかかってしまった経験があります。 当時、自分なりに身体に負担のない生活習慣に戻してみようと努力はしたものの、症状は一向によくならず...。これでは悪化してしまう一方だと危機感を覚えて、産婦人科を受診したりもしていました。

 

実際、お医者さんに行って膣洗浄や薬の処方などを行ってもらうと、症状が緩和していることを実感することもできました。ですが、その実感は長続きせず、すぐに症状が再発してしまっては、また病院へ行く...の繰り返しで...。
そんな中で、根本的にカンジダ(カンジタ)膣炎を完治させていくにはどうすればいいのか?ということを考えるようになっていきました。

 

カンジダ治療対策

 

カンジダ膣炎を治す方法

 

通院することなく自宅でカンジダ膣炎を治す方法は、大きく分けて次の2通りになると言えます。

 

1.病院で処方薬と同成分の膣錠を入れて治療する。

 

国内で処方されるお薬と同成分の膣錠に、アメリカで最も医師から勧められているカンジダ(カンジタ)膣炎治療薬の「モニスタット」があります。

有効成分「ミコナゾール」の含有量によって、3日間服用するタイプ(大体7千円程度)と7日間服用するタイプ(大体6千円程度)が存在します。 このお薬による治療を行う場合は、1日1回寝る前に膣に入れるだけのシンプルケアで済ませられるため、手間がかかりません。

 

モニスタット7日間用

 

2.サプリメントでカンジダ(カンジタ)菌の増速を抑える。

 

カンジダ菌の増殖を防ぐと言われているハーブなどが主成分として使われているサプリメントが幾つか存在します。 サプリメントの場合は、治療薬とは異なり口から摂取することができるので、膣にお薬を入れることに抵抗がある方や異物感が気になる方などにとっては、こちらの方が続けやすいと言えます。

 

カンジタ(女性)完治セット

 

私が選んだカンジダ膣炎の治療法

カンジタクリアー

 

カンジタクリアースーパー詳細

 

私の場合は、病院で治療してもらってもすぐに再発してしまう...という経験を経ていたので、1のように治療薬を用いる選択は行いませんでした。 その代わりとして選んだのが、2のサプリメントによる症状の改善です。

 

カンジダ(カンジタ)膣炎を治すのに効果的と言われているサプリメントは幾つか存在しています。 例えば、カンジダ菌の増殖を防ぐと言われるオレガノが主成分となった錠剤の「オレガノオイル」もそのひとつです。

 

他にも、オレガノ同様にカンジダ菌の増殖を抑えるパウダルコや免疫機能を向上させるブラックウォールナッツ、殺菌作用で知られるカプリル酸など様々な成分の効果が得られる「カンジタクリアスーパー」と呼ばれるサプリメントもあります。

 

価格や効果を考慮した上で「カンジタクリアスーパー」を選択しました。
どちらも価格は4千円程度で服用回数も1日に2回と同じ手間だったので、だったら相乗効果を得られそうなサプリメントの方がいいかもと思い「カンジダクリアスーパー」の選択に至りました。

 

また、これらのサプリメントを知った後で調べて良さそうだなと感じたのが「フェミプロバイオ」と呼ばれているサプリメントです。 「フェミプロバイオ」には、カンジダ菌の増殖抑制作用で知られる乳酸菌のデーデルライン桿菌が含まれています。

 

説明には、これによってアルカリ性に傾いている膣内を健康的な酸性へと戻し、カンジダ菌を死滅へと導いていくと書かれていました。 要するにカンジダ菌は、アルカリ性の環境を好む傾向にある訳です。

 

「フェミプロバイオ」の価格は1ヶ月あたり4千円程度となっていました。 個人的には、よりコストをかけられる場合は「カンジダクリアスーパー」と「フェミプロバイオ」の併用をお勧めしたいところです。 これらのサプリメントはセット販売もされていて、2点セットの場合7千円程度で購入することもできます。

 

症状が重く出ている場合や早期完治を望む人達は、より高い相乗効果を期待してセット購入しているようです。

 

カンジタ